東京での住まいはシェアハウスという選択肢も

日本は土地が狭いため住まいにかかる費用は高額になりがちで、狭いスペースしか利用できないという事も多いものです。特に東京は働く人が多く住んでいるため、立地の良い場所の住まいは人気があり家賃が高額になりやすく、気に入った住まいの確保には苦労している方も多いでしょう。必要な設備などを考えると給料に対する家賃の割合が高くなりすぎるという事もあります。
こうしたケースで有効なのが最近話題となっているシェアハウスという形です。一軒の家を複数人でシェアするという形であり、設備などが共用できるのでその分一人あたりの家賃負担が軽減できます。住民同士の交流なども生まれやすいというのも一つの魅力です。ぜひこうした形も住まいの選択肢に入れておくようにしたいものです。

人とのつながりが薄くなった現代だからこそ

現代社会の問題として人と人とのつながりが薄くなってきているということが挙げられます。アパートなどに住んでいても隣の人がどのような人なのか見たこともないという事も多いものです。特に東京で忙しく働いている年代では帰宅も遅く近所づきあいなども少なくなりがちで、人と人とのつながりというものが失われつつあります。
その点シェアハウスであれば一つの家を共有する形なので嫌でも人と顔を合わせることになります。そういったところから人とのつながりが生まれていきます。定期的にイベントが行われているところや同じ趣味の方が集まるハウスなどもあり、楽しい交流が行われているところも増えています。ぜひ人とのつながりが生まれる新しい住まいの形というのも検討しておきましょう。

住民との相性も重要なポイントに

人とのつながりが生まれやすいという事は、それだけトラブルなども増えてしまうという事もあります。気の合う人たちだけなら良いのですが、生活時間帯が大きく異なったり掃除などの負担が誰かに偏ってしまったりすると生活上密接にかかわっているだけ大きなトラブルになりがちです。そのため、通常の間取りや設備・場所といった住まいのチェックポイント以外にそこに住む人たちとの相性という事も検討ポイントに入れておく必要があります。
シェアハウスによっては住民との面接というステップが入居前に組み込まれていることがあります。その後の生活がうまくいくかどうかを知るために必須のステップですから、入居者に対してこういった厳しい選考を行っているところほど信頼できるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京にあるシェアハウスの敷金と礼金の状況

東京には様々なシェアハウスがありますが、これらには初期費用が必要になります。初期費用といっても様々なものがありますが、その中でも一般的に支払うのが敷金と礼金です。前者は不動産会社に対して支払う保証金の...