東京にあるシェアハウスの敷金と礼金の状況

東京には様々なシェアハウスがありますが、これらには初期費用が必要になります。初期費用といっても様々なものがありますが、その中でも一般的に支払うのが敷金と礼金です。 前者は不動産会社に対して支払う保証金のようなもので、借り主が住宅を退去する時に支払うものになります。いわゆる原状回復義務と呼ばれるものです。必ず借り主の手元に戻ってくるとは限りませんが、きれいに住宅を使っていた場合には戻ってくる可能性が高くなります。 これに対して、後者はオーナーに対して不動産を貸してくれた謝礼として支払うものになります。ただ最近は、支払った分の全部を不動産会社側が受け取っていることが多くなっているのが特徴でしょう。いずれの場合も、家賃の2カ月分であることが多くなります。

初期費用が少ないところもあるため要チェック

最近はやり始めた東京のシェアハウスに人気が集まるのは、費用が安い点にあります。つまり通常の賃貸住宅を都内で借り入れるよりも、共同生活をすることを選ぶ方がメリットが大きいと考えている人が多くなります。そうであるならば、可能な限り初期費用が安いところを選ぶべきです。中には敷金と礼金がないようなところもありますので、チェックをしてみましょう。 ただし、初期費用が少なくなる分、別のところで負担が生じていることが考えられます。例えば、住宅に住んでいるときは特に問題がありませんが、退去するときに余分にお金を支払わなければならないことが考えられるでしょう。 オーナーとしても安くしたい気持ちもありますが、完全に初期費用を省いてしまうとその分だけ赤字に近づくため、どこかで帳じりを合わせるようにしていることが多くなります。

交渉次第で支払えないようにすることも可能

敷金と礼金がある東京のシェアハウスでも、場合によってはそれらを支払わなくてよいことも考えられます。もちろん普通に物件を借りている場合には、どちらも支払わなくてはなりません。ですがオーナーと交渉次第ではどちらも支払わなくていいか、あるいはどちらかだけ支払ってどちらかを支払わない方法もないわけではありません。 考えられるのは、あまり人気がないハウスの場合です。例えば、入居人数が5人のところ一人しか入居していないところは確実に赤字になりますので、初期費用を少し減らしてでも入居者を増やしたいと考えている可能性があります。そのようなところでは、うまく交渉することで初期費用を安くすることができるため、まずは交渉してみることが肝心になります。もちろん、絶対にうまくいくとは限りませんので期待をしすぎてはいけません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京にあるシェアハウスの敷金と礼金の状況

東京には様々なシェアハウスがありますが、これらには初期費用が必要になります。初期費用といっても様々なものがありますが、その中でも一般的に支払うのが敷金と礼金です。前者は不動産会社に対して支払う保証金の...