東京のシェアハウスで共同生活による国際交流をしてみよう

東京は同じ屋根の下で暮らすシェアハウスが豊富で、その中には国際交流を目的とした物件もあります。自分だけの空間である個室では人の目を気にせずにリラックスできて、ソファ等の家具が充実しているリビングでは他の住人とのコミュニケーションを楽しめるのが特徴です。 生活費を節約したい外国人も住んでいるので、外国語で会話をしたい方にも人気があります。日本において外国人の数が最も多いエリアだけに、様々な国の人間と接するチャンスを得られます。 賃貸物件と同じ契約ですが、共同生活ができる人間であれば入居審査を通る傾向にあり、誰でもすぐに外国人との生活を実現できるのが大きなメリットです。初期費用が少なくて済むので、いったん入居してから、その周辺でアルバイト等の仕事を探す選択肢も選べます。

会話する機会が多い共同生活は国際交流に最適

地元から離れて上京するためには、まず自分が住む場所を決める必要があります。入居時に支払う金額が他に比べて小さく、毎月の家賃もリーズナブルである共同生活では、他の人とキッチン等の設備を譲り合って暮らしていくスタイルです。 東京に出てきたばかりでも、お互いに協力して生活するシェアハウスであれば、国際交流として他人と話す機会を自然に作れます。外国人の割合が大きい物件では、日本でありながらも外国のような環境になり、毎日が刺激的です。物件情報にどのような住人がいるのかも掲載されているので、自分の希望通りに国際交流ができるところを選べます。 入居する条件として語学力を要求されるケースもあるので、今のうちに外国語を勉強しておきましょう。いずれにせよ、外国人との会話は外国語で行うため、日常生活レベルの語学力があった方が便利です。

色々な外国人がいるエリアで暮らすと出会いが多い

日本に住んでいる外国人の大部分がいる東京のシェアハウスでは、管理者が明確に国際交流をテーマとしていることがよく見られます。物件を管理している人物が定期的に交流会を開催している場合は、入居した直後であっても、すぐに他の住人と仲良くできます。 お互いの意思疎通のために、ボランティアで自分の母国語を教え合うイベントを実施している物件であれば、まだ外国語を勉強中の方でも、無理なくネイティブから実用的な外国語を教えてもらえて助かります。実際に使われる表現を覚えることで、本当の意味でのコミュニケーションをすることが可能です。親しくなった外国人から友人を紹介してもらえば、色々なタイプの人との出会いがあります。 外国人がよく集まっている場所についても、同じ物件で暮らしている外国人の友人と一緒なら、気軽に行けます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京にあるシェアハウスの敷金と礼金の状況

東京には様々なシェアハウスがありますが、これらには初期費用が必要になります。初期費用といっても様々なものがありますが、その中でも一般的に支払うのが敷金と礼金です。前者は不動産会社に対して支払う保証金の...