今どきの東京にあるシェアハウスはバストイレ別があたりまえ

テレビ番組などで取り上げられ話題のシェアハウスですが、さまざまなタイプのものが存在します。少し前のシェアハウスは、一般的に賃貸できるアパートやマンションなどの物件を複数の居住人でシェアすることが一般的でした。その為、バス、トイレなどは共同で使用する必要があり交代制での掃除や、共同で使用するトイレットペーパーの購入なども費用を分割して行う必要がありました。 ですが、現在ではそれぞれのプライバシーを守れるよう、シェアハウスのようなマンションなども存在しています。このタイプのマンションでは、部屋はもちろん、バス、トイレも完全に個別のものが存在しているのです。 では何がシェアなのかというと、キッチンやリビングなどのスペースが共有となっています。そういった場所でコミュニケーションを取ることが可能なのです。

東京近郊ではシェアマンションが人気

東京をはじめ、近郊にあるエリアではシェアするマンションが人気となっています。先ほどのように、キッチンやリビングを居住人全員でシェアするシステムです。マンションですので、居住者の人数も40人をこえる物件もあります。その為、婚活目的で居住している方たちも多くいます。平日は仕事が終わった後、休日では1日中リビングで過ごす方も珍しくなく、新たな出会いを求める格好の場所となっているのです。 シェアマンションの場合、個別の部屋の広さ自体はそこまで広くないことから、家賃は一般的なものよりもお値打ちになっていることもあり、入居希望者が待ちの状態となっている物件がほとんどです。婚活目的で居住している方たちは、人生のパートナーを見つけると退去しますので、そのタイミングで新たな入居者が入ることになります。

料理や団らんの場を共有するシェアマンション

普段の料理や、団らんの場を京数することができるシェアマンションは若い方を中心に大変な人気となっています。中には婚活目的の方もいますが、実は婚活目的ではない方たちも大勢いるのです。 そういった方たちは、家に一人でいることを避けることを目的とされている場合があります。他の居住人と話さなくても、大勢の人たちがいる中で一人くつろぎたいと考えている若い方もいるのです。こういった方たちには住居をシェアすることでいろいろとメリットがあり、それを上手に活用しているということになります。 出会い以外には、家賃の節約、大勢の団らんの場、他にも防犯面でのメリットも存在します。シェアマンションの場合、リビングはかなりの広さがあり、常に人がいることになります。当然管理人もいますので、防犯面でも一人暮らしよりも安心して生活できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京にあるシェアハウスの敷金と礼金の状況

東京には様々なシェアハウスがありますが、これらには初期費用が必要になります。初期費用といっても様々なものがありますが、その中でも一般的に支払うのが敷金と礼金です。前者は不動産会社に対して支払う保証金の...